お久しぶりです。
ブログ担当ヒガクボです。

最近は、朝車のガラスが凍ることも増えてきましたね。
こないだは、雪も降りました(@_@)
そこで寒冷な季節の車の注意点をご紹介します。

①タイヤの点検と冬用タイヤの装着
寒冷な季節では路面が凍結しやすくなるので、タイヤの摩耗や空気圧を確認&冬用タイヤの装着。
これによって、安定した走行とブレーキ性能が確保されます。

②バッテリーの点検と対策
低温ではバッテリーの性能が低下しやすいため、バッテリーの寿命や充電状態の確認。
必要であれば、バッテリーの交換をしましょう。

③冷却水とワイパーフルードの確認
凍結防止剤入りの冷却水を確認し、必要に応じて補充します。
ワイパーフルードも凍結対策を考慮して、対応したものを使用しましょう。

④エンジンの温暖化
寒冷な朝、エンジンが暖まるまでの時間がかかります。エンジンを始動させたら、すぐに運転を始めずにしばらくアイドリングさせ、
エンジンが適温になるまで待ちましょう。

⑤スリップに備えた運転
凍結した路面や雪が積もった場合、急ブレーキや急発進は避け、スリップに注意した運転を心掛けましょう。

これらの注意点に留意することで、寒冷な季節でも車の安全運転が可能です(*’ω’*)
何か不安なことなどあれば、いつでもガレージブーブにご相談に来てください☆

インスタの方も良かったら遊びに来てください↓↓↓

CONTACT お問い合わせはこちら